運輸安全
マネジメントに関する取組


Efforts for transport safety management

2020年度安全方針

株式会社オリエンタルは、「安全第一」・「安全は全てに優先する」を合言葉に、誰も傷つかない、つけない、安全で働き甲斐のある職場の実現を目指します。全社員が社会的責任を自覚、コンプライアンス遵守を基本に交通事故(人身事故)及び労災事故「0」を達成する。労働時間等衛生環境を改善し、法遵守の基、従業員の生命を守ると同時に働きがいのある職場を作る。

1.

輸送の安全に関する
基本的な方針

・社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たします。また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど、現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底してまいります。

・輸送の安全に関する計画の策定・実行・確認及び改善(PDCA)を確実に実施し、安全対策を不断に見直すことにより、全社員が一丸となって業務を遂行し、絶えず輸送の安全性の向上に努めてまいります。

・輸送の安全に関する情報は、積極的に公開します。

2.

輸送の安全に関する目標
(安全目標)及び目標の
達成状況

3.

自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計

4.

輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置

輸送の安全のために講じた措置

  • ・ドライブレコーダー機能付デジタルタコグラフの搭載
  • ・デジタルタコグラフのデータを活用した教育の実施
  • ・ヒヤリハット情報と事故情報の収集と共有
  • ・車両火災を想定した緊急避難訓練及び救命講習の実施
  • ・運転記録証明書の発行・照会による法令遵守意識の啓蒙
  • ・定期的な健康診断の受診と、その結果に基づいた健康管理指導の実施
  • ・SAS健診の受診と、その結果に基づいた健康管理指導の実施
  • ・運輸安全マネジメントセミナーの受講

輸送の安全のために講じようとする措置

・健康管理について

定期的な健康診断の受診
SAS健診の受診
脳ドックの受診
上記の受診結果に対する健康状態の把握と管理及び指導

・運転者の研修について

デジタルタコグラフのデータを活用した教育の実施
定期的な適性診断の受診と診断結果に基づく教育と指導の実施
ヒヤリハットの収集強化を行い、日頃からの安全意識の向上に努める
緊急避難訓練を実施し、対応力の強化を図る
運転記録証明書の発行・紹介による法令遵守意識の啓蒙

・内部監査における指導項目ゼロ必達

・社長の立会点呼の実施

5.

輸送の安全に係る情報の伝達体制その他の組織体制

別紙参照

6.

安全管理規定

別紙参照

7.

輸送の安全に関する教育及び研修の実施状況

  • ・運輸安全マネジメントセミナーの受講
  • ・運行管理者一般講習の受講
  • ・運行管理者基礎講習の受講
  • ・適性診断の実施と指導
  • ・ドライブレコーダーやデジタルタコグラフを活用した安全運転教育と指導
  • ・指導運転士による初任運転士・高齢運転士への重点指導の実施
8.

輸送の安全に係る内部監査の結果並びにそれに基づき講じた措置及び講じようとする措置

・ビーインググループ本社の運輸安全マネジメント内部監査の実施

実施日
2019年7月19日(金)
監査員
監査役2名、監査室長、監査主任
監査項目
安全方針・安全計画への対応
発生事故への対応状況の確認
帳票・規定類の作成・保管状況の確認
他、全30項目
結果
不適合事項1(日報の記載方について)
要観察事項2

上記内部監査においての指摘事項・要観察事項については、2019年8月12日に是正完了

9.

安全統括管理者

佐々木礼子